スプレッドは安けりゃいいのではない

| コメント(0)

NDD方式を採用している海外 FX口座は比較的に日本のFXは口座と比べるとスプレッドが広い傾向にあり、反対に日本の FX口座はDD 方式を採用しておりスプレッドが狭い傾向が強いことを話しました。

そして、海外 FX口座の場合、スプレッドだけを利益の源泉としているが、国内 FXはお客が負けることによって利益を上げていることも話しました。
DD(ディーリング・デスク)方式も NDD(ノーディーリング・デスク)方式もお客の注文を処理する方法です。
大きな傾向として、国内 FX業者はDD 方式を、海外 FX業者は100%NDD 方式を採用しています。

【スプレッドは安けりゃいいのではない】

おや、お客が負けると国内 FXが儲かる?DD 方式っていったいなんなだと疑問を抱くのではないでしょうか。

そうなんです、 DD方式の日本のFX口座はスプレッドが安いところが多いですが、安さの裏には実は危険な仕組みがあるのです。

日に何度も何度も取引を行うことの多い FX取引においては手数料であるスプレッドが安ければ安いほどいいに決まっていますが、果たしてそうなのでしょうか?
モノを買おうとするとき、えー、こんなに安いの、安すぎな~い、そうだね、すぐ壊れちゃうかもね、なんか、安物買いの銭失いかもよ、なんていう会話をしたことがあるかもしれませんが、DD方式による安いスプレッドはまさに"安物買いの銭失い"の典型と言っていいかもしれません。
ズバリ言うと、インターバンクと直接取引する NDD方式の方が取引の透明性が高く、逆に DD方式の透明性は低いのです。
ディーラーを介する DD方式は、相対取引といわれる方式で、トレーダーと FX会社が1 1で取引を行う方式です。

DD方式を採用する日本のFX会社は、お客の注文を FX会社が一旦決済した形とするので、お客と FX会社とは利益相反の関係となります。利益相反ですから、お客が損すれば FX会社がもうかり、反対に、お客の利益は FX会社の損になります。

ですから、日本の FX会社はできるだけお客が損してほしいのです。 DD方式では、FX 会社は一旦決済したように見せかけて、実際は競馬のノミ行為と同じように決済は行わず、他の注文と相殺したり、お客が負けるように仕向けることが可能なのです。スプレッドは安いけど結局はお客からお金を巻き上げることも可能なのです。よって、取引の透明性が低く危険なのです。

では、 NDD方式はどうなんでしょうか?ディーリングデスク(取引ディーラー)が介在せず、お客の注文をダイレクトにインターバンクに流します。よって、どう考えても、 FX会社の取引における恣意的操作性は一切発生せず、お客と FX会社との間に利益の相反関係は生まれようがありません。
NDD方式を採用している海外 FX会社のスプレッドは割高傾向ですが、完全にスプレッドだけが利益の源泉になっているのです、だから、取引の透明性が高いと言えるのです。
このように、注文方式の違いにより取引自体の信頼性と安全性が異なるので、スプレッドが安いから良い口座とは限らないのです。ですから、 FX口座を選ぶ際には、その口座の注文方式が NDD方式なのかDD 方式なのかをよく確認しながらスプレッドの安い高いを判断しなければなりません。
DD方式の日本FXとNDD方式の海外FXのどちらがいいのかといえば、大抵の人は公明正大な、取引の透明性が高い海外FXを選ぶのではないでしょうか。そして、数えきれない海外FX会社の中からどの口座を選ぶべきか、手間も時間も掛けたくないのであれば是非比較サイトを活用すべきでしょう。

海外FX口座は比較的に日本のFXは口座と比べるとスプレッドが広い傾向にある。

それはNDD方式を採用してる口座が多く、スプレッドから利益を得ているからだ。

逆に日本のFX口座はDD方式を採用しており、トレーダーが負けた分が利益となるため、スプレッドが0なども実現可能なのである。

また、1取引に対して数百円の手数料を課すことにより、スプレッドが0からという口座も存在する。

安易な比較サイトだと手数料の有無もかかわらずに「低スプレッド!」などど比較しているので注意が必要だ。

参考になるとすればココとかがいいだろう。

海外FXのスプレッド比較はコチラ

もちろん海外のFX口座にもDD方式を採用しているところがあるので、ただスプレッドの狭さで選ぶのではなく、

その口座がどういった取引方式を採用しており、手数料の有無もしっかりと把握することが大切である。

全ての口座がハイレバレッジではない!

| コメント(0)

海外FX口座はハイレバレッジとよく言われるが、すべての口座がハイレバレッジというわけではない

日本の25倍と比べれば確かにハイレバレッジではあるが、その大きさは千差万別だ。

とある口座では888倍まで無条件で取引することが可能だが、とある口座では入金額に応じて100倍、200倍と増えていく講座もある。

取引のしやすさで言えば前者のほうが断然良いのだが、安易に信じこまないように。

その他のポイント、条件をよく吟味して判断するのが重要だ。

レバレッジの部分で気をつけたほうが良い点は、スプレッドであろう

後者のレバレッジの方がスプレッドが狭いことが多い。

資金に余裕があればどちらを選ぶかは明白だろう。

海外FXに騙されるな!

| コメント(0)

海外FXはハイレバレッジ!

海外FXは安心のゼロカット!

スリッページも少なくてスプレッドも0から!

などと巷では謳われているが、全ての海外FX業者がそれらのサービスを提供しているわけではない。

入金額によってレバレッジが変わる業者もあれば、

他サービスは充実しているがスプレッドが広い業者など様々だ。

さらに言えば、NDD方式と公表しながら、それが怪しい業者まで存在する。

そんな危ない匂い満載の海外FX業者だが、大切なポイントを何点か抑えれば強力な武器となるような口座が満載だ。

そこで、これからの連載を通して海外FXの見極めポイントを一つ一つ紹介していこうと思おう。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.1