スプレッドの広さと狭さには理由がある!

| コメント(0)

海外FX口座は比較的に日本のFXは口座と比べるとスプレッドが広い傾向にある。

それはNDD方式を採用してる口座が多く、スプレッドから利益を得ているからだ。

逆に日本のFX口座はDD方式を採用しており、トレーダーが負けた分が利益となるため、スプレッドが0なども実現可能なのである。

また、1取引に対して数百円の手数料を課すことにより、スプレッドが0からという口座も存在する。

安易な比較サイトだと手数料の有無もかかわらずに「低スプレッド!」などど比較しているので注意が必要だ。

参考になるとすればココとかがいいだろう。

海外FXのスプレッド比較はコチラ

もちろん海外のFX口座にもDD方式を採用しているところがあるので、ただスプレッドの狭さで選ぶのではなく、

その口座がどういった取引方式を採用しており、手数料の有無もしっかりと把握することが大切である。

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.1

この記事について

このページは、パンプキンが2015年6月26日 10:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「全ての口座がハイレバレッジではない!」です。

次の記事は「DD方式は危険と隣り合わせ、NDD方式は公明正大」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。