DD方式は危険と隣り合わせ、NDD方式は公明正大

| コメント(0)
ズバリ言うと、インターバンクと直接取引する NDD方式の方が取引の透明性が高く、逆に DD方式の透明性は低いのです。
ディーラーを介する DD方式は、相対取引といわれる方式で、トレーダーと FX会社が1 1で取引を行う方式です。

DD方式を採用する日本のFX会社は、お客の注文を FX会社が一旦決済した形とするので、お客と FX会社とは利益相反の関係となります。利益相反ですから、お客が損すれば FX会社がもうかり、反対に、お客の利益は FX会社の損になります。

ですから、日本の FX会社はできるだけお客が損してほしいのです。 DD方式では、FX 会社は一旦決済したように見せかけて、実際は競馬のノミ行為と同じように決済は行わず、他の注文と相殺したり、お客が負けるように仕向けることが可能なのです。スプレッドは安いけど結局はお客からお金を巻き上げることも可能なのです。よって、取引の透明性が低く危険なのです。

では、 NDD方式はどうなんでしょうか?ディーリングデスク(取引ディーラー)が介在せず、お客の注文をダイレクトにインターバンクに流します。よって、どう考えても、 FX会社の取引における恣意的操作性は一切発生せず、お客と FX会社との間に利益の相反関係は生まれようがありません。
NDD方式を採用している海外 FX会社のスプレッドは割高傾向ですが、完全にスプレッドだけが利益の源泉になっているのです、だから、取引の透明性が高いと言えるのです。
このように、注文方式の違いにより取引自体の信頼性と安全性が異なるので、スプレッドが安いから良い口座とは限らないのです。ですから、 FX口座を選ぶ際には、その口座の注文方式が NDD方式なのかDD 方式なのかをよく確認しながらスプレッドの安い高いを判断しなければなりません。
DD方式の日本FXとNDD方式の海外FXのどちらがいいのかといえば、大抵の人は公明正大な、取引の透明性が高い海外FXを選ぶのではないでしょうか。そして、数えきれない海外FX会社の中からどの口座を選ぶべきか、手間も時間も掛けたくないのであれば是非比較サイトを活用すべきでしょう。

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.1

この記事について

このページは、パンプキンが2015年11月 6日 18:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スプレッドの広さと狭さには理由がある!」です。

次の記事は「スプレッドは安けりゃいいのではない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。